マイスキンケアblog

私のスキンケアのブログです♪

今回は目の周りの皮膚の乾燥について思うこと

今回は目の周りの皮膚の乾燥について思うこと

目の周りは膚がハンカチほどの薄さしかないので、僅かな刺激によってしわのおきやすい部分といえます。そのためにも、毎日のしっかりとしたケアが大切なポイントであり、お手入を続けていく事でしわや青クマ、弛みなどを解決していくしていくことができます。

お手入れする時には、肌のコンディションに合わせた目もとケアを継続していくことが必須です。美容液もお肌の悩みにマッチしたものが店頭で多く売られているため、悩みや症状に適した物を選ぶしてくことが効果があるとされています。

肌の乾燥が悩みのタネといった場合だと、保湿効果の高いセラミドもしくは保水力のあるヒアルロン酸、コラーゲンなどといった潤い成分が含まれたものを使用することがお奨めのケアとなります。コラーゲンは水分保持力が非常に優秀なため、紫外線などが原因の乾燥によってできる眼の周りのちりめん皺にとても効果的です。

目もとのくすみが悩みといった場合ですと、美白対策に効果であるvitaminC誘導体が効果的です。ビタミンC誘導体はコラーゲンの合成を促進させる成分で、日焼けした時もしくは炎症が原因で体内で合成されたメラニン形成細胞によって出来たしみや皺に効き目があり、目元の皺をしっかり解消したいという時にはレチニールエステルという成分がお薦めだといわれてます。お肌に優しく安定されているレチナールと呼ばれているものはvitaminAのことを言います。ビタミンAは肌に大切な要素で傷んだ細胞を回復させてコラーゲンやエラスチン、ヒアルロナンを造り出します。

ただし使う時に注意したいのが、vitaminC誘導体やRetinolといった成分はお肌の丈夫じゃない方が使用した場合刺激が表れる可能性もあるようです。なので、安全に使用前には出来るだけ手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストをやって肌の状態を見ながら使用されることがお勧めです。また、目元のお手入を行うにはオイルクレンジングなどにも気をつけることが大事です。