マイスキンケアblog

私のスキンケアのブログです♪

まさかの目の周りの皮膚の乾燥のこと

まさかの目の周りの皮膚の乾燥のこと

眼の周りは外皮がハンカチほどの薄さしかないので、刺激で乾燥などがおきやすい部分であります。そのため、毎日のしっかりとしたお手入れが必要不可欠な部分であり、目元ケアを継続することでちりめんじわや隈、目の下の弛みといった肌トラブルを解決していく事が出来ます。

お手入れをするときには、肌のコンディションに見合った肌ケアをすることが必須です。保湿化粧品も悩みに合った種類がお店で多く売られているので、肌のコンディションに沿った種類を使ってみることが肌トラブルの改善によいと感じます。

乾燥が悩みの原因なんてときには、潤い成分を含んだセラミドや水分保持に効果のあるヒアルロン酸、肌の弾力を保つコラーゲンなどといった美容成分が配合されたものを使用することがお奨めのケアとなります。コラーゲンは水分保持力がとても高いため、肌の水分不足などが原因の乾燥にできてしまう目の周りのちりめんじわに効果ばつぐんです。

目元のくすみが悩みといったときですと、美白効果のあるビタミンCderivativeがお薦めです。ビタミンC誘導体はコラーゲンの合成を活発化する働きがある成分なので、紫外線もしくは炎症が原因で体内で生成された活性酸素によって起こったしみやちりめんジワに効果があり、シワをしっかり解消したいというときにはRetinalという成分がお薦めだといわれてます。肌への刺激が少なく安定して化粧品に使用しているレチナールと呼ばれている成分はビタミンAの総称です。ビタミンAは体作りにとても大事な物質で傷んでしまった肌細胞を回復させてCollagenやElastin、hyaluronanを作ります。

そこで使う時に注意しなくちゃいけないのが、ビタミンCderivativeやレチノイン酸は皮ふが弱い人には肌への刺激があらわれる場合もあるようです。なので、安全に使用する前に出来るだけパッチテストをして肌の様子を見て使い始めることが大切です。そして、目元のcareを行うときはメイク落とし等にも注意する必要が大事です。