マイスキンケアblog

私のスキンケアのブログです♪

これこそ目元の保水ってどうでしょう

これこそ目元の保水ってどうでしょう

眼元は外皮がハンカチほどの薄さしかないため、僅かな刺激によって乾燥等がおきやすいところといえます。そのため、しっかりとしたケアが重要な箇所であり、目元ケアを継続する事でちりめんじわや黒クマ、目もとのたるみといった肌トラブルを改善していくことが可能です。

スキンケアをするときには、症状に見合った目元ケアを継続していくことが必要です。目もと専用美容液もお肌の悩みにマッチした商品が店先で数多く売られているので、悩みや症状に合わせたものを選んで使ってみる事が肌トラブル解決にいいとされております。

目の周りの乾燥が悩みという場合だと、潤い成分を含んだセラミドや保水力のあるヒアルロン酸、コラーゲンなんかの潤い成分が配合されたものを使うことがお勧めになります。保湿成分は保水力が非常に高いため、乾燥によってできる目もとのちりめん皺に効果的です。

肌のくすみが悩みのタネだという場合だと、美白対策に効果のあるvitaminCderivativeがお薦めです。vitaminC誘導体はコラーゲンの生成を促進させる成分なので、日に焼けた際または炎症などで体内で合成されたmelaninによって出来たシミやしわに効果があり、目もとのしわを徹底的にケアしていきたいというときにはレチノール配合の保湿クリーム 配合のエッセンスがお薦めだと言われています。肌への刺激が少なく安定して化粧品に配合されているパルミチン酸レチノールはvitaminAの総称です。ビタミンA健康な肌作りに大事なビタミンで傷んだ肌や細胞を再生させてコラーゲンやエラスチン、hyaluronanを生成します。

そこで使用する前に注意しなくちゃいけないのが、vitaminC誘導体やレチナールというのはお肌が丈夫じゃない方が使った場合肌負担が表れる可能性もあります。ですので、肌のトラブルにならないように使用前になるべく手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストをやって肌の状態を見ながら使用されることがお勧めとなります。また、眼元のお手入を行う場合はクレンジング剤etcにも注意する必要が大切です。